進化した総合講座で合格を!
初心者に優しく、理数系に素早い!
進化した総合講座で合格を!
初心者に優しく、理数系に素早い!
進化した総合講座で合格を!
初心者に優しく、理数系に素早い!
進化した総合講座で合格を!
初心者に優しく、理数系に素早い!

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

電験3種合格特別養成講座

★翔泳社アカデミーの電験対策講座は、すべての受験生の問題を解決しました。「文系・初学者にやさしく」「理数系に優しい」のどちらのニーズにも対応しました。新しく進化した電験三種合格特別養成講座で合格を! ★翔泳社アカデミーでは、全ての方に無料で電験三種試験の過去問題の解答解説を公開しています。「試験について」からご活用ください。

  • 翔泳社アカデミーはすべての受験生の「電験問題」を解決!
    翔泳社アカデミーはすべての受験生の「電験問題」を解決!

    電験三種の翔泳社アカデミーが開発した講座は、たくさんの受講生の声を反映させ、年々研究を重ね進化し続けています!「文系にやさしく、理系に素早い」を知ってください。

  • 知って欲しい、電験三種の合格に本当に必要なこと!
    知って欲しい、電験三種の合格に本当に必要なこと!

    「その話、本当ですか?」もしかして、こんなこと、あんなこと考えていませんか?電験三種の試験は年1回だから、やり方を間違えたらどうしましょう。本当に時間を効率的に使いたかったら、知ってください。

  • 私はこうして電験三種に合格しました!
    私はこうして電験三種に合格しました!

    受験生は十人十色。聞いてみましょう。毎年、たくさんの合格者の声を頂いております。
    翔泳社アカデミーに届いた合格体験レポートです。

  • 教育訓練給付制度は知って得するしくみ!
    教育訓練給付制度は知って得するしくみ!

    要件を満たせば受講料の20%が支給されます。
    被雇用保険者のほとんどの方がOK。あなたも対象者なのでは?

  • 電験三種の試験データ、過去問・解答解説を無料公開
    電験三種の試験データ、過去問・解答解説を無料公開

    試験日程、受験者数・合格者推移を整理。
    過去問題の解答解説を一般無料公開しました。是非ご活用ください。

  • きっとあなたに合った電験講習会が見つかる!
    きっとあなたに合った電験講習会が見つかる!

    初心者向け、科目別、直前対策…まずは1日受講してみる?
    講習会一覧はコチラからご確認ください。
    平成29年度夏季まで お申し込み受付中!

  • 電験三種を生かして転職!
    電験三種を生かして転職!

    「電験三種を取得したら、転職できますか?」
    実務経験なしでも転職できるのでしょうか?みんなが知りたい電験で情報です。

  • 「新しい電験三種 科目別過去問題集 」電子ブックで刊行中!
    「新しい電験三種 科目別過去問題集 」電子ブックで刊行中!

    電子ブックだから、どこでも学習できます。年度ごとではなくて、出題順にしているから、分野毎の得意・不得意がわかります。問1から解かずに、まずは「得点しやすい問題」を押さえましょう!

電験3種講習会

合格者の声を公開中!

  • 塚本 孝 66歳

    塚本 孝 66歳
    定年後 高校(普通科)卒
    66歳で合格!

    独学では効率が悪いと思い翔泳社アカデミーの通信講座を選びました。DVDでは講義を受けた様な気分になり、テキストの理解も容易でした。

  • 津田 信行 64歳

    津田 信行 64歳
    ビル・施設管理会社設備管理部勤務 高等専門学校卒
    還暦過ぎの私ですが、、、!

    この講座の評価できる点は、第一にテキストが薄いことです。途中で投げ出さず何度も目を通せます。

  • 若林 賢人 24歳

    若林 賢人 24歳
    製造会社技術部勤務 高校(工業)卒
    苦手”なことも“努力”によって変えられる

    本講座の評価できる所はまず、電話サポートです。メールとは違い聞きたいと思った時に質問ができるため非常に助かりました。

  • 森下 和希 28歳

    森下 和希 28歳
    製造・整備会社勤務 大学院理系卒
    自分に自信がつきました。

    薄いテキストには、要点がしっかりとまとめられています。限られた時間の中での勉強は大変でしたが、合格して自分に自信を持てました。

みんなの電験 [ ちょっと知っておきたいこと ]

  • 電験三種(第三種電気主任技術者)の資格についてや試験、勉強方法など皆さまが知りたい事をまとめています。「これから始めよう!」「勉強が進まない・・・」という方までお得な情報も含めて確認しましょう!!
  • 「電気主任技術者」とは
    1.「電気主任技術者」とは

    簡単に言うと、ビル、工場、様々な施設の高圧受電設備の保安監督(安全管理)をする資格者のことです。電気事業法43条に「事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をさせるため、主務省令で定めるところにより、主任技術者免状の交付を受けている者のうちから、主任技術者を選任しなければならない」と規定されています。

  • 「電験」とは
    2.「電験」とは

    経済産業省が認定する資格「電気主任技術者」の試験「気主任技術者試」のことです。略して「電験」といいます。略し方としては、最初の1文字と最後の1文字を残して「電験」。これはおもしろいですね。
    資格区分は、第三種・第二種・第一種とあります。(試験難易度は、第一種が最上位になります)
    電験三種」とは「第三種電気主任技術者試」の略となります。

  • 「電気主任技術者」と「電気工事士」の違いは?
    3.「電気主任技術者」と「電気工事士」の違いは?

    電気主任技術者は、高圧受電設備の安全管理者(監督)です。電気工事士は、500キロワット未満の電気の工事に従事できる人(プレイヤー)です。従って似ているようで、違う職種です。

  • 電験三種の試験について
    4.電験三種の試験について

    電験三種の試験は、年1回の実施で毎年9月上旬の日曜日にあります。
    受験申込みは、5月中旬~6月上旬頃です。受験者数は、毎年5万人弱です。翔泳社アカデミーでは、試験問題の解答解説も公開中なので、ご活用下さい。

  • 電験三種の勉強で大切なこと
    5.電験三種の勉強で大切なこと

    電験三種の試験はまったく同じ問題は出ません。過去問題で解き方のパターンを覚えても、問題で問われている基本の知識がわからないと解けないのです。過去問暗記型の勉強は役に立ちません
    一番大切なことは、「自力で問題を解けるのか」です。テキストを見ていても、講座で解き方を見て理解できても、それだけではダメなのです。自分自身で手を動かして、納得して解けなくてはなりません。自力で解けるようにならないと、本番の試験問題は解くことができません。

電験3種合格特別養成講座 について

弊社はこの度、電気技術教育関連の受講生が累計22,000名突破いたしました。
長年にわたる電話サポートにより、受講生から「生の意見」をいただき、電験三種の学習においてつまずくポイントや学習方法の悩みについてなど多くの情報を集めることができました。
また、受講生のレベルは様々であり、初心者や文系の方には「やさしくていねいな解説」、理数系の方には「ポイントを押さえた、簡潔な解説」が求められます。
この度、その両方のニーズに対応できる新カリキュラムと教材を、経験豊かな講師陣とサポートスタッフにより新たに制作いたしました。
さらに、弊社オリジナル学習法「電験攻略メソッド」を開発いたしました。
今後とも、翔泳社アカデミーでは、新しい「電験3種合格特別養成講座」で多くの受験生を応援して参ります。

詳しくはコチラ>>>【電験3種講座の特徴】

電気主任技術者の合格を目指す皆さんへ

電験3種は、社会的ニーズが高い大変価値のある国家資格です。
電験3種を取得すると、就職・転職に有利となり、電力業界、ビル・施設管理業界、製造業界、土木建築などの電気工事関連業界などにおいて非常に多くの求人があります。また、有資格者は会社の看板となるので、不況下でも生涯仕事に困らないと言われています。

試験は年1回、8月下旬または9月上旬の日曜日に実施されます。受験資格は年齢・学歴などの制限は特になく、誰にでも受験できます。試験科目は理論、電力、機械、法規の4科目で、五肢択一のマークシート形式です。「電気工作物の工事、維持、及び運用の保安に関する」事項について、必要な知識が身についているかを判断されます。
試験の難易度は比較的に高いですが、合格された受講生の皆さまからは「資格者手当がついて収入が増えた」「社内評価が上がって嬉しい」「憧れだった企業の専門職への転職に成功した」などの喜びの声を沢山いただいております。ぜひ取得していただきたいおすすめの資格です。

翔泳社アカデミーは、電験3種の資格取得者を一人でも多く増やしていくことを使命として、電気技術者教育事業を行っております。そして、本サイトは電験3種の試験合格を目指す方々のお役に立てるような情報を日々更新しております。試験概要や最新情報から勉強に関する豆知識まで、どなたでもどうぞ自由にご利用ください。