電線の基本は3本なんです。

電線の基本は3本です。

街中の電線を見るとぐにゃぐにゃで、そのようには見えませんよね。これは、様々なところに分岐していたり、架空地線やいろいろな線、また電話線などが混じっているからです。建物などが少ないところの送電線を見てください。「3本1セット」がとても分かりやすくわかります。そんな視点で電線を見てみてください。

2014090501

 

 

 

 

 

 

 

 

3本1セットである訳は、発電の基本が「三相交流発電機」による三相交流発電をしているので送電線の基本は3本となります。3本の電線に電流が少しずつ、ずれて流れています。本来なら、帰りの電線が必要で6本と考えたいところですが、3本の電線を合わせるとお互い打ち消し合って、電圧がゼロとなるので帰りの電線は不要となります。

このあたりのメカニズムは、これから電験三種の勉強をされるとよくわかります。

 

電験三種合格特別養成講座とは?

〓〓 資料請求はこちら 《無料》 〓〓

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事