電験と他の資格

最近は、なぜかアロマテラピーに興味があるyunnです。

「電験の資格を持っていると、他の資格の受験に優遇されるのですか。」
とご質問を頂くことがあります。
yunnも気になったので、電験三種の資格を取得していた場合で調べてみました。

電験三種の資格を取得していた場合
資格取得できるもの
•第一種電気工事士:免状交付後の実務経験5年で申請による取得可

試験が免除になるもの(試験の一部が免除になるものも含みます。)
•第一種・第二種電気工事士:ただし、 試験による取得の場合
•甲種消防設備士:ただし、試験の一部免除なので注意。
 
受験資格が与えられるもの
•建築設備士:実務経験2年必要。
(建築設備士の実務経験4年で一級建築士試験の受験も可能)
•1級電気工事施工管理技士:実務経験6年
•2級電気工事施工管理技士:実務経験1年
•甲種消防設備士
•職業訓練指導員:送配電科・電気科
•海上自衛隊技術海曹
•予備自衛官補技能公募部門

受講資格が与えられるもの
•建築物環境衛生管理技術者:実務経験2年(ちなみに一種・二種は実務経験1年)
•認定電気工事従事者
•消防設備点検資格者

資格だけではなく、指導員などになれるものあるようですね
(ちなみに電験二種以上になると、さらに他の資格に対しても優遇があります。)

電験三種を取得すると他の職種や資格にも繋がるかと思いますので、参考にしてみてはと思います。

電験三種通信講座とは?

〓〓 資料請求はこちら 《無料》 〓〓

 

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事