電験三種  転職・就職 (2) 転職したいと考えている方へ

資料請求者の方から「電験三種を所得したとして、募集はたくさんあるのでしょうか?」という質問をたくさん頂きます。

前回、ビルや施設の管理会社、警備会社、ファシリティ関係会社などのホームページを見ると、「業務概要」や「採用情報」などに「自己啓発制度」「推奨資格」「当社の有資格者」などの一覧を見ることができるということをお話しました。
よろしければ、思いつくままに有名な会社のホームページを探してみてください。
資格一覧によく見かける資格とは

防火管理者(甲種・乙種)
消防設備士(甲種・乙種)
危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)
建築物環境衛生管理技術者(ビル管)
電気工事士(第一種・第二種)
電気主任技術者(= 電験) (第一種・第二種・第三種)
工事担任者(総合種・各第一種・第二種・第三種)
電気通信主任技術者
衛生管理者(第一種、第二種)
など

これらの会社では、第三種電気主任技術者(電験三種)は特に重要です。この資格は、有資格者がなかなかいなくて、望んでいる会社も多いものです。

ホームページに「採用情報」に募集がある場合があります。また、それらと同様の業務内容を頼りに転職サイトでいろいろな会社を探してみるといいですよ。

もちろん、ビル施設の管理会社、警備会社、ファシリティ関係会社だけではないですよ。土木建築、工事、工場などでも見つかります。転職活動は、募集そのものを見つけることだけにどうしても注目するものですが、会社そのものをいろいろと眺めてみて、そこからヒントも見つかります。

また、いろいろな会社のホームページを見るくせがつけば、いろいろな情報が頭に入りますから、面談のときにそれらの情報も役に立つと思います。
是非、頑張ってください。

参考:電験三種の就職

 

〓〓 資料請求はこちら 《無料》 〓〓

 

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事