数学は“習うより慣れろ”

お久しぶりです。kosmoです。

 

電験三種の受験を考えている方の中には、「電験三種は欲しいんだけど。数学が苦手なのでどうしよう」と迷っている方も多いと思います。

実際に、電験三種の学習を始めた方の中にも、「数学が苦手」という方は多くおられます。

 

そんな方々にオススメしたいのが、電験三種の数学は“習うより慣れろ”という感覚で取り組むということです。

 

小学校のとき、みんなかけ算の“九九”を習いますね。そのときのことを思い出してください。

 

2の段や3の段は簡単に覚えられたのに、7の段や8の段は、なかなか覚えられなかったという記憶はありませんか?

 

ところが、大人になってみると、7の段でも8の段でもスラスラ言えるようになっていますよね。これは、学校や普段の生活の中で、7の段や8の段の計算をしていたからなんです。

 

何かの本で読んだのですが、人間の記憶というのは、覚えただけではすぐに忘れてしまうそうで、覚えたことを使っていると忘れなくなるそうです。

 

電験三種の数学も同じで、覚えたことを使っていれば、忘れなくなって当たり前のように思えてくるでしょう。

“習うより慣れろ”の感覚、ぜひ試してみてください。

カテゴリー: ブログ