電験三種の転職  求人に記載されている“実務経験○年以上”の真意

はじめまして、こんにちは!新たにブログの仲間に加わりました、Kと申します。気づけばいつも多趣味に生きています。「思い立ったら吉日」で、今日まで生きてまいりました。そんな私なりに、有益な情報を発信していければ嬉しいです!よろしくお願いします。

さて、今回はほとんどの求人情報に記載されている“実務経験○年以上”の真意に迫りたいと思います。

電験三種取得者における転職についても、“実務経験○年以上”がついている場合があります。実務経験3年以上、5年以上をよく目にします。
しかし他の業界から転じて電験三種を取得したばかりの人は、当然ながら実務経験はゼロ。

様々な求人で“実務経験○年以上”を求めるのでは?と考えてしまいますよね。これでは未経験者の入口が無いように思えてしまいますね。そんなことはありませんよ。

“実務経験○年以上”と記載している企業でも採用されることが多い、とよく聞きます。

企業はなぜ“実務経験○年以上”と提示していても、未経験者を採用してくれることが多いのでしょうか?この理由は「希望の条件を、念のため提示してみよう」という、企業側の“希望”なのです。

条件を記載しておかないと求人が殺到する恐れがあるし、条件通りの人が応募してくれたら嬉しいので、わざわざ書いているんですね。

もちろん、本当に経験が無いと働けない求人情報も中にはあります。

そして、本当に電験三種の勉強をされている方に覚えておいてほしいことがあります。

履歴書には電験三種を「勉強中」「○科目合格」等と書いておくと良いですよ。これで、企業からの人物評価はあがります。難しいと名の高い国家資格ですからね。

電験三種に興味が沸いたのなら、まず、行動してみてくださいね。
“うしゃぎさん。”が同ブログ内の『電験三種の勉強「いつはじめるのがいいですか?」』で言っているように、物事をするのに「遅すぎること」はあっても「早すぎること」はありませんので!
「思い立ったら吉日」、ですよ。(^-^)/

〓〓 資料請求はこちら 《無料》 〓〓

 

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事