電験受験生にお薦めアイテム☆3 豆腐 ~頭を良くした~い!~

たくさんの翔泳社アカデミーの受講生の方は、働きながら電験に挑戦しています。いろいろな方に、「学生の頃のように頭が柔らかくないから、この年で勉強するのはたいへんだ。」なんていう声をよくお聞きします。

そこで今回のテーマは、頭を良くしたい食べ物、豆腐です。

buloggazou

 

豆腐は大豆です。そして、大豆には「レシチン」が多く含まれています。人間の脳の情報伝達に使われている脳内神経伝達物質のひとつに「アセチルコリン」という物質があります。「レシチン」を採ると、この「アセチルコリン」になるのです。「レシチン」をたくさん摂取すると脳内の情報伝達が活発となり、物覚えが良くなったり、判断力が早くなったりするそうです。つまり、アタマが良くなるのです!!

「レシチン」は、豆腐料理ならば、冷や奴、高野豆腐、湯豆腐、サラダ、麻婆豆腐、厚揚げ焼き、おから、白あえ、納豆、ゆば、味噌汁など、いろいろとありますよね。豆腐料理以外にも「レシチン」が摂取できる食べ物として、卵、小魚、ピーナツなどがあります。

 

そう言えば、豆腐(大豆)には、もうひとつ効能があります。「イソフラボン」が含まれているのです。この「イソフラボン」は、ダイエット効果もあり、細胞にダメージを与える活性酸素の働きを押さえてくれる効果もあるそうです。まさに、一石二鳥ですよね。

さぁ、豆腐を食べて、電験三種の合格を勝ち取りましょう!

 

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事