電験三種は、講習会と通信教育はどちらがよいのか?

「講習会と通信教育はどちらがよいのか」

このことについてかなりの方が悩まれているようです。

その前に、まず以下のことを確認してください。

●電験三種の試験範囲はかなり広い
理論、電力、機械、法規の4科目あります。理数系が強い方でなければ、思ったほど難しいわけではありませんが数学の学習も必要です。市販の本では、各科目約300ページ位あります。全範囲をしっかりと勉強するとかなりの時間を要することになります。

●過去問の暗記は役に立たない
電験三種の試験では、過去に出題された問題は出ません。
試験問題を出題する側は、「丸暗記」や「過去問題を覚えている」というような人は合格させたくないとか、本当に理解をしている人(勉強している人)でないと受からないようにしよう、と考えているのかもしれません。同じような問題でも、本質的に全く違う問題であったりします。基本をしっかりと理解しているのか問われます。電気の安全を管理する資格ですから、勘違いをしたら大変なことになるので厳しいのだと思われます。従って、予想問題をつくることは難しいと考えてください。翔泳社アカデミーでは、必ず受講生には「過去問から学習をすると効率がかえって悪いから、基本学習からきちんと始めてください」とお伝えしています。

電験三種の学習では、大きく3つの方法があります。独学で学習もできますが、何かを利用する方が試験の性質から、手っ取り早いことは事実です。

▲学校へ通う(通学)▲
「全て教えて欲しい。」「私はまったくわからないし自分で勉強することは苦痛だ。」と思っている人に対応するとなると学校が一番よいでしょう。しかし、学校はだいたい2年位のカリキュラムになっていて、しかも、それだけの時間をかけて学校に通ったとしても、結局、理解できるかできないかは自分自身にかかってきます。お金もたくさんかかりますし、時間もかかります。働きながら電験三種を受験するとしたら、むずかしいかもしれません。

▲講習会▲
多くの講習会は、おおよそ10日から14日という短期間で行うため、ベースとなるところは自分で勉強して理解しておく必要があるようです。例えば、予習・復習をせずにいきなり講習会へ出かけても、基本がわかっていなくて、講習会の内容が理解できなかった。あるいは、理解するために自分自身でさらに学習をしなくてはならなかったということがあるようです。また、基本的に時間が決まっていますので、自分のスケジュールを合わせて、しかも1度きりの授業で、学習をやりきるという覚悟も必要です。もちろん「それがあるから勉強できる」という人には合っていると思います。また、かなり自分で勉強している方ならば、その講座の先生や特徴を理解して選択するとよいでしょう。「過去の出題傾向を踏まえて」ということだけが特徴でしたら、もう一度よく考えましょう。どの講座も出題傾向を踏まえて、企画されているのは当然のことですから。

▲通信講座▲
「テキスト&添削など」の企画と「テキスト+DVD講座」の企画に分かれます。前者であれば、市販の本とさほど変わらないのかもしれません。後者は、自分でテキストを学習して、その上でDVD講座を学習すれば有効です。DVDはいつでも繰り返し視聴できますから、自分のペースで学習可能です。「通信講座は途中で挫折するのでは」という方は、冷静に考えてみてください。講習会に行くとしても、行く前に学習してから行かなくては有効ではありません。学校で2年くらいかかる学習量ですから、いきなり受けては無謀というものです。まるで大学受験で難関校ゼミにいきなり行くようなものですから。

講習会と通信教育はどちらがよいのか迷います。

「難しい」は、人によってかなり違います。
電験三種に限らず、何かを学習するとき、難しいか易しいかは、人によって違います。難しいと感じる人は、ひょっとしたら、そのことを学習する前にもっと基本的なことを学習する必要があるのかもしれません。電験三種は、スペシャリストの資格です。そのため、一般的なことに比べて、かなり特殊なことを学習しているように思えるはずです。そうなれば、難しいと一口に言っても、十人十色、千差万別、人によってかなり大きな差が出ることは十分に考えられます。
電験三種は、自分自身でしっかりと学習しなくては合格が難しい資格です。そこを踏まえて、「講習会なのか、通信講座なのか」を、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。

最後に、どのくらいで合格できるのかを見てみますと、かなりばらつきがあることは確かです。翔泳社アカデミーの受講生では、早い人は4カ月~半年位で合格しますし、1年で合格する人、2年で合格する人、いろいろです。これには理由があって、学習の理解度もあるとは思いますが、なんといっても働きながら勉強される方がとても多く、仕事を放り出してまで勉強するわけにいかないという声が大半です。

 

電験三種通信講座とは?

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事