効率の良い法規の過去問学習方法

翔泳社アカデミーでは、出題を分野別・重要問題順に編集した過去問題集を販売しております。

今日は、電子書籍の法規科目の過去問題集を活用した勉強方法をご紹介します。

 

翔泳社アカデミーの本

 

04-1

法規科目の勉強は「暗記」と「計算」の2種類

法規科目の勉強は、「暗記」と「計算」の2種類です。法規というと、法令の暗記ばかりをやるのか?というイメージを持ちやすいですが、実は「計算問題」で約4割得点ができるという問題構成になっています。ということは、「暗記」も「計算」も両方勉強する必要があります。

 

電子書籍の最大のメリットである手軽さで「暗記」を攻略!

法規科目で取り扱う法律は、電気事業法から始まり、電気工事士法、電気用品安全法、電気工事業法、電技や電技解釈…など多岐にわたります。取り扱う法令が多く、出題範囲となる条文の数は非常に膨大です。しかし、頻出の法令というものがありますから、過去問題に取り組む中で法令を覚えていくという学習が有効です。また、電子書籍の最大のメリットは出がるに持ち運びができることです。隙間時間でササッと学習ができれば、暗記のために使える時間も増えます!

 

「計算」は計算問題をまとめて解きましょう

法規の計算問題はおよそ9パターンに分かれます。そのほとんどは「施工管理」の部分で取り扱う問題です。私どもの問題集は分野別に分かれていますので、「施工管理」の部分を集中的に取り組むことで、計算問題のパターンを掴んでいただくことができます。計算問題を全て得点できれば、35~40点になります。ぜひ、計算問題をマスターして暗記の負担を減らしましょう!

 

私どもの書籍を活用して、「隙間時間での暗記」と「計算のパターンをつかむ」の2つを目標に学習して法規の合格を掴みとりましょう!

 

電気教科書 電験三種 得点しやすい順 過去問題集 平成28年版 理論の攻略
電気教科書 電験三種 得点しやすい順 過去問題集 平成28年版 電力の攻略
電気教科書 電験三種 得点しやすい順 過去問題集 平成28年版 機械の攻略
電気教科書 電験三種 得点しやすい順 過去問題集 平成28年版 法規の攻略

 

カテゴリー: ブログ