電験三種に合格するための試験直前の10のアドバイスⅡ

さあ、いよいよ試験日直前です。今回更に試験の直前や試験日当日、そして直後に改めて押さえておくと、ちょっとだけ合格に貢献することをあげてみました。こんなことにも注意しましょうね。

 

1.試験前に、トイレの場所を確認しておく。そうすることで安心をする。

2.試験開始60分後には、教室を退出ができる。その時に必ずざわつくので気にしない。

3.試験開始して、最初の方に時間のかかる問題があることを覚えておく。いつも上から順番に解いてはいけない。

4.A問題より、B問題の方が簡単な場合があることを覚えておく。両方の問題を比べてみよう。

5.問題の答えが実は問題の中に出ている場合があることに覚えておく。それは絶対に気がつこう。

6.問題を解いている途中で時間がかかると気づいたら、容赦なく後まわしにしてしまおう。

7.試験で全部問題を解き終えて時間が余っても、退出してはいけない。最後まで見直しに集中する。

8.試験場で休憩時間は、身体のストレッチをして深呼吸をする。わりとリラックスする。

9.問題用紙に解答をメモして持って帰ること。翌日答え合わせができる。

10.自己採点で50点前後だったら、精神衛生上よくないから、それ以上考えることはやめよう。割り切って、発表日に合否を確認しよう。

そして、おまけに「試験でわからない問題が出ても、マークシートだから全部埋めてしまおう。

7fb10ddf1a20308589d5a670b9b1e793_s

 

みんな合格しますように!!

 

参考:試験会場でのテクニック http://denken3.com/examination/exam07/

 

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事