電験三種に合格しよう!vol.7

皆様、こんにちは!3月になり、桜の季節となりましたね(^^♪電験的にいうと、今年の試験まで、半年を切ったということになるでしょうか。
お勉強はいかがお進みでしょうか?なかなか進まないなんて方もいらっしゃるかもしれませんね…
翔泳社アカデミーでは、初心者向け、中級者向けの講習会など多数用意しています☆ご自身のお勉強を見つめなおすきっかけにいかがでしょうか?詳しくはこちらからどうぞ!
それでは、本題に入りましょう!本日は法規の攻略についてです。皆様、法規というと暗記科目なようなイメージを持ちますよね?実際、それは正しいのでしょうか?今年の試験をもとに、分析していきましょう!

1. 法規ってどんな科目?
2. 法規を分析すると
3. 法規を攻略するために大事なこと


1. 法規ってどんな科目?


法規科目の分析を始める前に、他の科目同様に、法規がどんな科目なのかを押さえておきましょう。
法規とは、電気を安全に保全管理するための法令について学習をします。主に、電気事業法や、電気設備技術基準とその解釈などの法令があげられます。その他には、電気にまつわる法令の電気工事士法、電気工事業法、電気用品安全法なども少し学習する必要があります。電気工事士法などは、第一種・第二種電気工事士の試験によく出題される範囲なので、学習されていた方は、見覚えのある法令も多いのではないでしょうか?


2. 法規を分析すると


法規を分野分けすると、次のような分野に分けられます。それは、「電気事業法とその他電気に関する法令」「電気設備技術基準とその解釈」「電気施設管理」の3つです。今年の試験をもとに、どの分野がよく出題されているのか見ていきましょう!
「電気事業法とその他電気に関する法令や省令」…3問【18点】
「電気設備技術基準とその解釈」…8問(そのうち1問はB問題)【55点】
「電気施設管理」…2問(2問ともにB問題)【27点】
この結果からも分かるように「電気設備技術基準とその解釈」の分野から半分程度出題されており、法規のメインはこの分野といっても良いでしょう。
また、文章問題が11問【66点】、計算問題が5問【34点】の割合で出題されていました。


3. 法規を攻略するために大事なこと


これら分析からも分かるように、文章問題が約6~7割と非常に多く、法規は暗記科目といえるかもしれません。ならば、法令文を覚えるべき法令文を全部覚えたら、法規は合格できる!!と意気込んで学習された方、ちょっと待ってください!
法規は確かに、文章問題が多いですが、電気にまつわる膨大な法令を全て暗記するのは、ほぼ不可能といっても過言ではありません。もちろん頻出されている法令もあり、そこだけ暗記したらいいのでは…と思った方もいるかもしれません。
しかし、突然これまでは一度も出題されたことがないのに…という問題もまれ出題されます。そんな問題は2、3問出題されたら、これでもうあなたは不合格です。ですので、法規は文章問題を完璧に得点源にする!といった学習方法はおすすめではありません。


それでは、どうすればいいのか…それは、計算問題です。法規の計算問題は毎年3~4割ほど出題され、その問題の多くはある程度パターン化されたものとなっています。このパターン化された計算問題を攻略することで、40点分の得点は難しくても30点でも得点できれば、合格まであと30点です。計算問題をきちんと得点源にすることで、法令文の暗記を頻出の法令のみに絞ることができ、非常に効率的に学習ができるのです。
また、法規の計算は、他科目との関わりも強く、他科目の問題演習も同時にできるといったメリットもあります。
このように、法規は暗記科目であることには、間違いないのですが、それにばっかり気を取られ、勉強方法を誤るとなかなか合格しません。これを読んだ皆様は、ぜひこれを参考にし、法規合格へむけて頑張ってほしいです(^_-)-☆
そんな法規合格を今年めざしている方におすすめの講習会があります。法規の計算問題を9つにパターン化して、学習する講習会を8月に開催します!!席がなくなる前に、お早めにお申し込みください!!!くわしくはこちらから!

それでは、来週は法改正についてお話しします!

カテゴリー: ブログ
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事