電験三種の勉強 「数学が苦手」の意識を変える

数学は電験三種の土台です。
数学といっても、それほどむずかしい数学は必要ありません。

しかし、電験三種に挑戦したくても、「数学が苦手」でちゅうちょしている人は、多いのではないでしょうか?
私たちの日ごろのお問い合わせでは、数学が苦手な方も多く、その方に聞きますと、
「本当にダメなんですよ」
と数学に対して否定的な叫びから入ります。

そんな「数学が苦手」なみなさんは、子供の頃のどこかで数学をあきらめてしまったことがあるようです。
「数学が苦手」にはそのときの理由(ワケ)があります。
一緒にていねいに探ってみましょう。
そうすることで、「数学が苦手」を克服する方法がカンタンにわかります。

1.「数学が苦手」には理由がある 小学校の頃を思い出す
2.「数学が苦手」には理由がある 中学校の頃を思い出す
3.「数学が苦手」な方にありがちなこと
4.「数学が苦手」の克服方法とは
5.電験三種で必要な数学を把握しよう

1.「数学が苦手」には理由がある 小学校の頃を思い出す

小学校の頃を思い出してください。
まず、足し算、引き算、掛け算、割り算、分数の計算と勉強してきました。
小学生のときは、よく計算ドリルが宿題で出されていたかと思います。
また、「夏休みは大量の計算プリントが出て大変だった…(;´Д`)」という方も多いのではないでしょうか。

そこで思い出していただきたいのは、「全てご自分の力で解いていましたか?」ということです。
例えば、電卓を使ったという人や友達の解答を写していたっていう人もいたかと思います( ;∀;)(←実際に私の友達もやっていました(笑)

しかし、そのような人は電験三種で肝心の計算力が身についていないのです。
計算力というのは、実際に自分が演習をすることで身についていくものです。
解答を見て分かったというのは、身についたとは決して言うことはできません。

また、小学校のときには食塩水の割合の問題を習っています。
「数学が苦手」な皆さまは、“ここでつまずいた!”という方が多いようです。
このときに、「問題文から式を立てる」ということを身につけます。
電験三種を合格できない方の特徴として、「問題文から式を立てる」ことができない方が多いです。

2.「数学が苦手」には理由がある 中学校の頃を思い出す

次に、中学生の頃を思い出してみましょう。
中学生から、文字式が始まります。
小学校のときは、なんとか分かった方も、文字式が出てきたことで全く分からなくなったという声をよく聞きます。
このような「数学が苦手」な方は、文字式が数字と同じだということを忘れがちなのです。
数字だと分かるのに、文字式になると分からないという方はこの可能性が非常に高いです。

また、中学数学で1度はつまずいたであろう分野が、因数分解です。
学習サポートでよくお聞きするのが、「因数分解が思いつくことができない!どうやったら思いつくんですか?」ということです。
これは、酷な話かもしれませんが、「演習量が足りない」ということが1番の原因です。
これは、「1.「数学が苦手」には理由がある 小学校の頃を思い出す」でも記載しましたが、ご自身の力で問題を解いていない方に多くみられます。

3.「数学が苦手」にありがちなこと

翔泳社アカデミーでは電話で学習サポートをしていますので、「数学が苦手」な人の話をよく聞きます。
これまでにもお伝えしましたが、そのような人たちにありがちなことは、「演習量が足りない」ことです。

電験三種の土台になるのが数学となります。
質問される多くの方が計算でつまずいているのです。
翔泳社アカデミーの電験三種講座では数学も1科目としてありますが、「数学を復習してください」とお伝えすると「やりましたけど???」と返ってきます。

しかし、そういう方は、解答を見ただけで分かった気になっており、演習を自分でしていないのです。
また、「計算が解けない」ということが「演習量が足りない」ということに気づいていないのです。
そのために、電験三種の受験科目、理論・電力・機械・法規の勉強をしたときに「問題が解けない!」ってことになるのです。

4.「数学が苦手」の克服方法とは

ここまでお読みの皆さまは、「数学が苦手」な方の原因は、「演習が足りない」ということだと気づいていらっしゃると思います。
演習をすれば、自分が苦手な分野も分かります。
このようにお伝えすると、とても気が遠い話に聞こえますが、電験三種には数学が必要不可欠なのです。
計算でつまずいてしまっては、合格することはできません。

ずっと数学から逃げてきた方は、この機会にぜひ「数学が苦手」を克服しましょう。
克服すれば、電験三種合格への一歩がふみ出せます!

5.電験三種で必要な数学を把握しよう

これまでお読みの皆さまは、「やっぱり自分には無理なのか…」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ちょっと待ってください!(笑)
電験三種で必要な数学は、高校1年生レベルのものです。
よく言われる微分・積分は必要ありません。
数学の証明問題なども出題されません。
問題を解く手段として、数学を克服しなければならないと思ってください。

翔泳社アカデミーの電験三種講座の数学は、本当に必要なところだけに絞っています。
また、次の記事を読んで、電験三種に必要な数学がどんなものか、確認してみましょう。

関連する記事を読む

>数学がむずかしいという誤解

カテゴリー: ブログ