サンプルテキスト+DVD 特製ファイル付 無料 資料請求

EXAMINATION 試験情報

令和1年度 科目別出題傾向

理論

本年度の問題は、特にB問題で変わった問題が多く、解きにくいと感じた方が多かったのではないでしょうか。

A問題は、問1及び問2が「静電気」、問3及び問4が「電磁気」、問5及び問6が「直流回路」、問8が「直流電源と交流電源を含んだ回路」、問9が「交流回路」、問7及び問10が「過渡現象」、問11~13が「電子工学と電子回路」、問14が「電気計測」に関する問題でした。

B問題は、問15が「静電気」、問16が「三相交流回路」、問17及び18が「論理回路」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が約6題で約3割、計算問題が約14題で約7割と、いつもより計算問題の割合が少なめでした。

本年度の少し変わった点として、問8に直流電源と交流電源両方が同時に入っている回路の問題が出題されたこと、選択問題である問17と問18が両方「論理回路」に関する問題であり、理論科目であまり出題されない内容であったことが挙げられます。
問1や問2については、工夫をすれば少ない計算量で答えを求めることができた問題でした。
基本的な知識で解くことができる問題をいかに得点するかが合格のカギになっていたと言えます。

電力

本年度の問題は例年通りの出題でした。

A問題は、問1及び問2が「水力発電」、問3が「汽力発電」、問4が「原子力発電」、問5が「コンバインドサイクル発電」、問7及び問8が「変電」、問11が「地中送電」、問6及び問9、問10、問12、問13が「送配電」、問14が「電気絶縁材料」に関する問題でした。

B問題は、問15が「汽力発電」、問16及び問17が「送配電」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が11問で5.5割、計算問題が9問で4.5割と昨年と同じでした。

本年度の少し変わった点として、問8及び問16がこれまでにも出題されたことがあるような問題でした。比較的難易度が高い問題だったため、このような問題まで演習ができていた方は得点できたと思いますが、そうでなかった方にとっては難しかったのではないでしょうか。そのため、計算問題で得点しようと考えていた方の中には、思うように得点できなかったという方もいらっしゃるかと思います。

機械

本年度の問題は例年通りの出題でした。

A問題は、問1及び問2が「直流機」、問3及び問4が「誘導機」、問5が「同期機」、問6が「ブラシレスDCモータ」、問7が「電気機器の損失」、問8及び問9が「変圧器」、問10が「パワーエレクトロニクス」、問11が「電動機応用」、問12が「太陽光発電システム」、問13が「自動制御」、問14が「論理回路」に関する問題でした。

B問題は、問15が「同期機」、問16が「パワーエレクトロニクス」、問17が「電熱」、問18が「論理回路」に関する問題でした。
文章・計算問題の割合は、文章問題が8問で4割、計算問題が12問で6割でした。ただし、文章問題を「暗記しておいて答える内容」、計算問題はそれ以外として数えています。

本年度の少し変わった点として、変圧器に関する問8及び問9がこれまでにあまり出題されたことが無いような内容だったことが挙げられます。
基本的な問題が多く、基本的な内容を理解していた方は得点が伸びたのではないでしょうか。

法規

本年度の問題は例年通りの出題でした。

A問題は、問1が「電気事業法」、問2が「電気事業法」及び「電気事業法施行規則」、問3及び問4が「電気設備技術基準」、問5から問9が「電気設備技術基準の解釈」、問10が「電力の需給」に関する問題でした。

B問題はすべて計算問題となっており、問11が「電気使用場所の低圧幹線の施設」、問12が「力率改善」、問13が「B種接地抵抗値」に関する問題でした。
文章・計算問題の割合は、文章問題が10問で約6割、計算問題が6問で約4割でした。

本年度の少し変わった点として、問10が昨年と同様、具体的な法令の問題ではなく、電力需給に関する一般的な内容であったことが挙げられます。ですが、問題文をよく読み、選択肢を見れば、自然と解答できたかと思います。
全体的に、しっかりと詳しい数値まで法令を覚えていた方は得点できるような出題だったと言えます。

RELATED LINKS関連リンク
無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く) 無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く)