無料 資料請求 無料 資料請求
EXAMINATION

試験情報

令和3年度 科目別出題傾向

理論

本年度の問題は、穴埋めの問題ですが、計算しないと解けない問題や、変わった形の回路の計算問題も多く、難しいと感じた方もいらっしゃったかもしれません。

A問題は、問1及び問2が「静電気」、問3及び問4が「電磁気」、問5が「熱電対」、問6及び問7が「直流回路」、問8及び問9が「交流回路」、問10が「過渡現象」、問11~13が「電子工学と電子回路」、問14が「電気計測と電子計測」に関する問題でした。

B問題は、問15が「三相交流回路」、問16が「電気計測と電子計測」、問17が「静電気」、問18が「電子工学と電子回路」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が約5題で約2.5割、計算問題が約15題で約7.5割となり、文章問題と計算問題の割合は昨年と変わりありませんでした。

本年度の分野毎の出題割合に関しても、昨年とほぼ変わりない出題でした。

昨年に引き続き、見たことがなくて戸惑う問題もあったかもしれませんが、読み解くと基本的な知識で解くことができる問題も多くありました。落ち着いて得点できる問題をきちんと得点できたかが合格のポイントとなるでしょう。

電力

本年度の問題のA問題はほぼ文章問題で、B問題がすべて計算問題でした。

A問題は、問1及び問2「水力発電」、問3及び問4が「火力発電」、問5が「原子力発電」、問6が「送配電」、問7~問9が「変電所」、問10及び問12~13が「送配電」、問11が「地中送電」、問14が「電気材料」に関する問題でした。

B問題は、問15が「火力発電」、問16及び問17が「送配電」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が12問で6割、計算問題が8問で4割でした。

本年度は基本的な問題も多く出題されたので、過去問などで繰り返し演習されていた方は合格できたのではないでしょうか。

機械

本年度の問題は例年通りの出題でした。

A問題は、問1及び問2が「直流機」、問3及び問4が「誘導機」、問5及び問6が「同期機」、問7が「各種電動機」、問8は「ブラシレスDCモータ」、問9が「変圧器」、問10が「電動機応用」、問11が「パワーエレクトロニクス」、問12が「電気化学」、問13が「自動制御」、問14が「論理回路」に関する問題でした。

B問題は、問15が「変圧器」、問16が「パワーエレクトロニクス」、問17が「電熱」、問18が「自動制御」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が約10問で5割、計算問題が約10問で5割と、ちょうど半分ずつの出題でした。

比較的、過去問の類題も多く出題されましたので、しっかり対策をされていた方は得点が伸びたのではないでしょうか。

法規

本年度の問題は計算問題に関しては、例年通りの難易度でしたが、文章問題の難易度は高めだったように思います。

A問題は、問1が「電気事業法」及び「電気設備技術基準の解釈」、問2が「電気工事業法」、問3及び問7が「電気設備技術基準」及び「電気設備技術基準の解釈」、問4~6及び問8~9が「電気設備技術基準の解釈」、問10が「高圧受電設備」に関する問題でした。

B問題は問11が「支線」、問12が「絶縁耐力試験」、問13が「需要率、負荷率、不等率」に関する問題でした。

文章・計算問題の割合は、文章問題が11問で約7割、計算問題が5問で約3割でした。

B問題は、過去問とよく似た問題が出題されたため、過去問をしっかり得点できたのではないでしょうか?文章問題であるA問題の難易度が少し高かったため、いかにB問題で得点できるかが合格のカギと言えるでしょう。