電験三種で転職

電験三種を生かして転職

翔泳社アカデミーには、「電験三種を取得したら、転職できますか?」という質問を日頃よく頂きます。最近では、「転職するので電験を取りたい」という方が多くなった気がします。実際のところはどうでしょうか?実務経験なしでも転職できるのでしょうか?ここではそんな転職をテーマにお話しします。
転職サイトを検索すると、たくさんの求人情報を得ることができます。人材ビジネス会社の利用法についてもアドバイスいたします。

1. 電気主任技術者は人材不足

あらゆる施設・建物は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。
昨今、多くの施設が大型化されています。各都市の主要駅は駅ビルを含めた超大型化され、高層複合施設、タワーマンション、大規模工場など目覚ましい建設ラッシュです。2016年4月の電力自由化、2017年7月にはガスが自由化され、電気主任技術者のニーズはますます高まるばかりです。
人材ビジネス会社の話でも「ずっと、電験三種取得者の採用がたいへんです。慢性的な人員不足なのです。」という声を聞きます。これは採用戦線において就職率の変動があっても変わらないそうです。

電験三種への第一歩を踏み出そう!
資料請求した方、全員に合格する秘訣の動画をプレゼント!

講座の4大特徴 今すぐ資料請求

2. 電気主任技術者は今後も人材不足

日本は、技術者がそもそも慢性的な不足とされています。
2008年9月のリーマンショックの後、国策で公共投資を大幅に削減し、企業も設備投資を圧縮しました。そして、2011年に東日本大震災がおこります。もともと人員不足であった電気主任技術者の必要性が一気に高まりました。
そしてもうひとつ、技術者の高齢化による人材不足と技術継承問題です。バブル期に社会人になった団塊のジュニア世代が高齢化し退職していきます。特にIT、機械、電気の技術者の不足はこれからも続き、深刻な問題となっていくでしょう。

3. 電験三種を取得しても実務経験がないと転職はむずかしいのか?

就職先はたくさんあるとして、もうひとつ「電験三種を取得しても経験者でないと転職できないのですか?」という質問があります。
企業の募集要項を見るとそのあたりは千差万別です。「経験○年」、「経験者歓迎」、「有資格者歓迎」、中には「電験三種レベルの知識」と書いてある会社も見たことがあります。これは、企業側の立場に立てば、よくわかります。希望を書けば「未経験より経験者」だということです。中には、絶対経験者急務の募集もあります。

しかし、そのように書いてあっても、面接を勝ち抜き採用された例はたくさん聞きます。電気主任技術者が複数人在籍している会社であれば、資格さえ持っていれば実務は経験してもらえばよいのです。未経験者でも、協調性がある人、社会経験が豊富な人の方が期待値は高いのです。
また、電験三種の科目合格者でも、そのまま履歴書に書きましょう。そこを評価して採用された人もいました。科目合格を履歴書に書くということは、実際にハローワークの担当者のアドバイスだったそうです。

4. 転職サイトを活用してみる

電気主任技術者で転職を考えるときには、上手に人材ビジネス会社を利用するとよいでしょう。人材会社は、「求人広告(転職サイト)」、「求人紹介サービス」の2つのタイプに大きく分かれます。
ここでは、「求人広告(転職サイト)」についてご紹介いたします。求人を募集したい会社からの広告が閲覧できるいわゆる“転職サイト”です。

転職サイトは、たくさんあるのでどこを閲覧したらよいか迷いますね。まずは、思い切ってユーザ登録をしてみてください。職種や勤務地、年収、お持ちの資格などで検索が可能です。最近では、”電験三種 転職” と検索すると特に電気主任技術者に力を入れている求人広告会社が出てきます。主な転職サイトでは、リクルートキャリア(リクナビ)、内藤一水社(電験転職ナビ)、インテリジェンス(テンプHD)、マイナビ(マイナビ転職)、エンジャパン(エン転職)、他があります。
メールを登録する際に注意して頂きたいことがあります。「携帯のメールアカウント」についてです。「携帯のメールアカウント」では会社からのメールが届かないことがあるのです。必ずG-mailやパソコンでやりとりできるものを使用してください。スマートフォンと自宅のパソコンの両方でいつでも見ることができる環境を確保しましょう。また、迷惑メール等を防止するフィルターが掛かっている場合は、必ず外しておきましょう。

5. 人材紹介で転職

「人材紹介」は簡単に説明すると、登録された転職希望者を、人員募集している会社に紹介をする会社です。前記の「転職サイト」の人材会社は、求人をする会社からの広告で代金を得るのに対して、「人材紹介」会社は、求人している会社に紹介し、採用になった場合、成功報酬として代金をもらうというしくみです。どちらも転職希望者からはお金をもらうことはありません。

一般的な流れで説明しますと、転職希望者がサイトに登録した後、人材紹介会社のコーディネーターと面談をすることとなります。コーディネーターは、登録者の転職の希望に合った企業の紹介ができるように動きます。

あなたが「人材紹介」を利用する場合の重要なポイントは、コーディネーターとのコミュニケーションです。人材紹介会社との面談においては、コーディネーターから、「いままでの実績」「転職の動機」「希望の条件」「採用してもらった際に期待できるアピールポイント」等いろいろとヒアリング受けることとなります。コーディネーターの立場から考えると、企業にあなたを紹介するわけですから当然の質問ですね。また、そのような質問を受けることで、自分に不足しているアピールポイントもわかるようになります。転職希望者は、コーディネーターに動いてもらうことで話しが進むわけですから、積極的にコミュニケーションをとり、アピールすることが重要となる訳です。

主な人材紹介会社では、リクルートキャリア、インテリジェンス(テンプHD)、マイナビ、エンジャパン(エン転職)、他があります。
翔泳社アカデミーでは、しばしば受講生や資料請求者から、「なかなか紹介してもらえないのです」という話しを聞きます。「人材紹介」の担当者も人間です。「やってもらって当然」という姿勢にならないように注意しましょう。

6. 電験三種で転職は本当にできるのか?

「電験三種を取得したら、転職できますか?」という質問ですが、「現在電験三種取得者の採用がたいへんです。慢性的な人員不足なのです。」という声をたくさん聞きます。電気主任技術者はのどから手が出るほど、採用したいのです。
しかし企業側としては、まず人物評価をしなくてはなりません。これまでの実績はどうか、誠実に働いてくれるのか、コミュニケーション力はあるか、入社してからの期待値などです。いくら電験三種を取得していても、社員として自覚をもって誠実に働いてくれないのなら採用できません。
私たちは、「電験三種を取得したら、転職できますか?」という質問には、こうお答えします。「電験三種を取得したら、断然有利だと思います。しかし、“電験 = 転職(就職)”というパスポートではありません。

電験三種への第一歩を踏み出そう!
資料請求した方、全員に合格する秘訣の動画をプレゼント!

講座の4大特徴 今すぐ資料請求