電験三種の科目別勉強方法

電験三種を攻略するためには、科目別の勉強方法を把握しよう

電験三種に合格するためには、科目毎の攻略法を把握しておくことがとても重要です。その科目がどのように出題されているかを知ることで、どのように勉強したらよいかなどの攻略方法が見えてきます。各科目の勉強方法を把握して、効率よく勉強しましょう!

1.理論の勉強方法

理論理論は、「電磁気」「電気回路」「電子回路」の分野から出題されます。詳しくは、「試験科目の特徴と勉強の手順」の理論の特徴に記載しているので、そちらも参考にしてください。
理論の大きな特徴として、分野ごとの出題率は年ごとの変動が無いことです。例えば静電気は毎年2~3問出題されているということが分かっているので、この分野をしっかり勉強し得点源にできれば、10~15点の点数を確実に稼げるということになります。
また、分野毎の関連があまり無いのも特徴です。電気の性質としてのつながりはあるのですが、この問題は静電気の問題だとはっきりしていることが多いので、その分野の知識だけで問題は解くことができます。
このように理論は分野毎の学習がしやすく、得点源にできる分野をどんどん増やしていくような勉強方法が最適です。

2.電力の勉強方法

電力「試験科目の特徴と勉強の手順」の電力の特徴にも記載しましたが、電力は送配電」からの出題が約5割と、高い比率で出題される重要な分野です。この分野は理論の「直流・交流・三相交流回路」の知識が無いと理解することは非常に難しい分野なのです。しかし、実は理論の知識が足りなくとも合格できる方法もあります。翔泳社アカデミーの学習サポートは、受講生自身に状況に合わせて、勉強方法を提案しています。ぜひ、受講生になられたら、学習サポートをご活用ください!学習サポートについて気になった方は下の記事をご覧ください。

また、文章問題が約6割、計算問題が約4割出題されます。これを聞いて、文章問題に重点を置こうと思った方、その考えは危険です。電験三種の文章問題、全体的に言えることですが、文章問題を解くためには、膨大な知識量が必要になります。例えば、発電所の仕組みなど、普段の私たちでは想像しにくいことが文章問題として出題されます。その仕組みを全て理解することはとても時間がかかります。
対して、計算問題はある程度の出題傾向がつかみやすく、文章問題に比べると対策が立てやすいのが特徴です。

電験三種への第一歩を踏み出そう!
資料請求した方、全員に合格する秘訣の動画をプレゼント!

講座の4大特徴 今すぐ資料請求

3.機械の勉強方法

機械こちらも、「試験科目の特徴と勉強の手順」の機械の特徴にも記載しましたが、機械のメインは「変圧器・直流機・同期機・誘導機」の分野です。この分野だけで、約5割も出題されるので、必ず得点源にしないといけない分野です。さらに、この分野の計算問題は等価回路にさえ書き換えれば、あとは理論の知識で解けることもポイントです。ただし、「変圧器」「直流機」「同期機」「誘導機」それぞれ違いをしっかりと理解することが重要です。

また、近年よく出題されるのが「パワーエレクトロニクス」の分野です。この分野は理論の電子回路の知識が必要になってきます。専門性もとても高いので、初めて電験三種を学習される方は苦手だと言われることが非常に多い分野です。
一方で、「照明」「電熱と電気加熱」「電気化学」の分野は身近にありイメージもしやすいということで、学習しやすいという方が多い分野になります。
機械も理論と同様に、得点源にできる分野をどんどん増やしていくような勉強方法が適しており、分野がたくさんあるので、苦手な分野は捨ててしまうという学習方法が取りやすい科目です。

4.法規の勉強方法

法規法規の勉強方法は、ずばり計算問題がカギになります。法規は文章問題が約6割計算問題が約4割出題され、文章問題はほぼ法令文から出題されています。それでは、法令文を完璧にすると合格できるのでしょうか?それは、大きな間違いです。法令文からの出題ということは、関係する法令文を全て一言一句暗記する必要があります。「電力の勉強方法」でもお伝えしましたが、このような膨大の量を暗記するのは非常に大変なことです。

それに比べ、計算問題は9パターンに分類することができるので、電力同様に対策が立てやすいのです。また、「試験科目の特徴と勉強の手順」の法規の特徴では、理論・電力・機械の知識が必要だとお伝えしましたが、法規の計算問題は電力の計算問題と非常に似ていることもあります。法規で出ていた問題が電力で出題される場合もあり、同時に学習を進めることで、非常に効率よく学習することができます。

5.各科目の自分なりの攻略法を立てよう

各科目の特徴をお伝えしてきましたが、皆さまそれぞれに合った勉強方法があるはずです。これを読んで下さった皆さまは、ご自身だったらどのように勉強していくかという攻略法を立ててから勉強を始めましょう。やみくもにお勉強するよりも、効率的にお勉強できるはずです。

電験三種は、実際どのくらい難しいのだろう?

> 詳しくはこちら

電験三種への第一歩を踏み出そう!
資料請求した方、全員に合格する秘訣の動画をプレゼント!

講座の4大特徴 今すぐ資料請求

▶TOP