電験三種とは

電験三種とは、電気のエリート資格

電験三種とは、「第三種電気主任技術者試験」という国家資格の略称となっています。ですので「電検」とは書きません。電気主任技術者の資格区分は、第三種、第二種、第一種なっており、それぞれについて試験が行われます。
電気主任技術者は、ビルや工場における、高圧電気設備の保安監督の仕事をするプロフェッショナルです。電気設備はあらゆる建物・施設にありますが、その運用は電気主任技術者が運用するように法律で義務づけられています。そのため、電験三種は、社会的ニーズが高く、大変価値のある国家資格なのです。今回は、電験三種とは、どのようなものなのかについて解説していきます。

1.電気主任技術者という仕事
2.電験三種に合格するメリット
3.電験三種の試験とは

1.電気主任技術者という仕事

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場、ビル、商業施設等の受電設備・配線の事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をする仕事をします。

電験三種 仕事

一般家庭の電圧は100~200ボルトですが、ビルや工場などは6,600ボルト、場合によってはもっと高い電圧を扱うことになります。
第三種電気主任技術者は、50,000ボルト未満に限定した資格となります。第二種は電圧170,000ボルト未満に限定、第一種は限定なく全ての保安の監督が可能となります。電験三種資格が電圧50,000ボルトとはいえ、通常の電柱の電圧が6,600ボルトですから、ほとんどの仕事は電験三種を取得すれば間に合います。
“事業用電気工作物”とは、電気使用のために設置する発電所、送電網、受電設備、電気使用設備のことです。

電気主任技術者第一種すべての電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます
第二種電圧17万ボルト未満の電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます
第三種電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます

➡ HOMEに戻る

2.電験三種に合格するメリット

●キャリアアップに直結

会社によっては、電験三種資格を持っているだけで、資格手当が支給されるため給与がアップします。また、電験三種合格者のみなさんは、会社、または周囲からの評価が上がったことを実感しているようです。評価が上がれば、キャリアアップにつながりますし、仕事にも自信をもつことができます。次の記事には、資格手当の相場についても解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

●独立だって目指せる

電気主任技術者として、一定期間実績を積んで、法律にあることを満たせば、経済産業省の“保安管理業務外部委託承認”を得るための手続きをします。そうすると、独立して事業所を持つことが可能となります。定年退職後を心配されて、電験三種を受験される方はたくさんいます。独立するにはどうすれば良いかは次の記事をお読みください。

●転職に有利

電験三種は資格を保有しているだけで転職に有利になることがあります。実務経験をもっていれば、なお良いでしょう。電験三種は、電気業界にのみならず、建設・ビル管理業界や情報通信などのインフラ業界でも必要としている業界は多数あります。電験三種を取得して、転職活動をした方も多くいるようです。こちらの記事では、転職について詳しく解説しています。

電験三種はさまざまな業界で必要とされるとお伝えしましたが、具体的にはどんな業過で必要とされているのでしょう。下の表で、電験三種を必要としている業界をまとめました。こんなにもいろいろな業界が必要としていること、知っていましたか?

■ 電気主任技術者の必要とされる業界
区 分発電工事・施工プラント・工場施設管理
建設
食品
繊維
パルプ・紙
化学・石油
ゴム関連
窯業
金属・鉄鋼
機械、精密機器
電気・電機部品
自動車・輸送用機器
商業
不動産
電車・貨物・運輸
海運・空運業
倉庫・運輸関連
金融・証券・保険
情報通信
電力・ガス
公共

➡ HOMEに戻る

3.電験三種の試験とは

電験三種の試験日は、毎年9月の第一日曜日に実施されています。会場は、全国都道府県の約35カ所です。毎年6万名以上が申込み、4万~45,000名位が受験します。合格率は、89%です。詳しくは、「受験者数・合格率データ」でご確認ください。

電験三種 試験

また、申込日などは例年、下記の日程になっております。
■ 申込日:5月下旬 ~ 6月中旬
■ 試験日:9月上旬
■ 合格発表:10月下旬
■ 試験方式:五肢択一のマークシート方式
■ 試験科目:4科目(理論、電力、機械、法規)

試験の日程については「試験日程・データ」に、お申込み方法については「試験ガイド」に記載しております。こちらもぜひご参考ください。

ここまで読んで下さった皆さまは、「電験三種を独学で勉強していたけどなかなか合格しない」や「初めて電気の学習をするから、勉強が続けられるか不安」という方は多いのではないでしょうか?そんな皆さまに、翔泳社アカデミー専任講師の松川先生が

・電験三種が難しい理由とそれを克服する勉強方法
・効率的に学習するにはどうすればよいのか
・正しい過去問題集の活用方法

など電験三種に合格するための勉強方法について、5本の動画で解説しております。
資料請求をして頂いた方に、もれなくこちらの動画をプレゼントいたします。
ぜひ、これからのお勉強にお役立てください。


今すぐ資料請求

➡ HOMEに戻る
▶TOP