電験の就職・転職先は広い

電気主任技術者の就職・転職先は広い

■ 電気主任技術者のフィールドを知ろう

電気主任技術者は、様々な業界の様々な設備の管理のために必要とされています。
建設業においては、建物自体を建設会社や、建物内のインフラ工事を専門とする会社もあります。最近の大規模マンションでは、電力会社と高圧契約をし、電気の安全管理が必要になるケースが増えています。

ff028b1944a65c0a69adc9ab1834e7a9_m
メーカでは、それぞれの工場の規模に応じた電気主任技術者が必要です。特に窯業、金属・鉄鋼などの”高温”を扱う業界では、自家発電まで行っている会社もあります。

f75823565cf68cd4e1c4c7a8c5e875e8_m

商業では、百貨店、大型ショッピングモール、アミューズメント施設をはじめいろいろな施設があります。

20151016-2

鉄道では、駅や車庫にも大規模な配電設備があります。海運、空運では、港や空港の施設、大型倉庫などがあげられます。

情報通信であれば、通信網の構築、ホストコンピュータの施設やデータセンター、携帯基地局などの設備などがあります。

20151016-3

また、公共機関では、病院、浄水場やゴミ処理施設などでも電気主任技術者を必要としています。
そこに建物がある限り、電気主任技術者の仕事はあるのです。
20151016-4

■ 電気主任技術者の必要とされる業界
区 分 発電 工事・施工 プラント・工場 施設
建設
食品
繊維
パルプ・紙
化学・石油
ゴム関連
窯業
金属・鉄鋼
機械、精密機器
電気・電機部品
自動車・輸送用機器
商業
不動産
電車・貨物・運輸
海運・空運業
倉庫・運輸関連
金融・証券・保険
情報通信
電力・ガス
公共

参考:業界別電気主任技術者の役割