電気工事士と電気主任技術者の違い

電気工事士と電気主任技術者は何が違うの?

「電気工事と電験のどちらを取ればよいですか?」、「電験三種と第二種電気工事士のどちらが簡単ですか?」というような質問を頂きます。そもそもこの二つの資格は、電気は共通点としても、まったく従事する仕事が違います。この二つの資格の違いについて見ていきましょう。

1.二つの資格の違い
2.電験は電気工事士に比べて、どのくらい難しいのか?
3.就職・転職を考えてみる

1.二つの資格の違い

《 電気主任技術者 》
電気事業法の定めによって、事業用電気工作物を設置する者は、事業用電気工作物の工事、維持および運用のための保安監督者として電気主任技術者を選任しなければなりません。
《 電気工事士 》
電気工事士法の定めによって、最大電力500キロワット未満の需要設備及び一般用電気工作物については、電気工事の作業に従事する者として電気工事士等の資格がなければなりません。

この違いを簡単に言うと、電気主任技術者は、保安の監督をする仕事(監督)で、電気工事士は、500キロワット未満の工事に従事する仕事(プレイヤー)ということになります。

電気主任技術者 第一種 すべての電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます 保安管理
第二種 電圧17万ボルト未満の電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます
第三種 電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます
電気工事士 第一種 第二種電気工事士の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます 工事
第二種 一般住宅や店舗などの600ボルト以下(低圧)での受電設備の工事に従事できます

2.電験は電気工事士に比べて、どのくらい難しいのか?

まず資格の難易度の違いを把握しましょう。

この二つを比べると、電気工事士はとても簡単です。たいていの方は、とにかく勉強すれば合格できます。試験の特性として、過去問題や類似問題が多く出題されます。特に第二種電気工事士は、「とにかく覚える」が大事です。もし、受験者がある程度勉強できる環境であれば、1カ月以内で習得できそうです。(環境など個人によって差がありますことはご了承ください) 
第二種電気工事士の筆記試験に落ちた方にお話しを聞くと、一番の原因として、「あまり勉強をしなかった」ということが多いのです。
また電気工事士は技能試験がありまして、毎年出題される候補問題が13問程度発表されて、その中からの出題となります。事前に練習をして受験をすればよいのですが、実際は「練習する時間がとれなかった」、「練習不足で試験の制限時間内にできなかった」、「複線図の描き方をよく把握しないで受験してしまった」等が原因で不合格になるそうです。「難しくて」という理由はあまり聞きません。

一方電験三種は、電気工事士試験と比較して、難関となります。理論、電力、機械、法規の4科目あり、試験範囲も膨大です。同じ問題はほとんど出題しません。
翔泳社アカデミーの受講生数は国内トップクラスです。受講生年齢も30代~50代が多いものの、下は高校生から70代の方まで幅広く在籍しています。最近の傾向として、女性が増えてきています。
実際に学習の習得についてお話しを聞くと、中には、もちろん3カ月位で合格される方もいるのですが、1~2年の方、また何年もかかる方もいます。

合格するための期間は、本当にその方によりますし、学習環境にもよるのです。広告で「○カ月で合格!」「簡単に合格!」「過去問題の出題傾向で・・・」なんてありますが、弊社ではそんなことはお話はできません。習得時間は、受験生によって違ってきます。その人によってむずかしいの度合いが違うからです。
弊社の講座でも毎年試行錯誤をして、作り替えてます。合格して頂くためには、ある程度のレベルは必要ですが、講義内容を易しくしすぎれば合格できませんし、難しすぎてしまえば受講生がついてこれなくなります。数学が苦手な人や文系の方にはわかるように、理系の方にはなるべく短時間に、それぞれの方を合格に近づけるようにするのかを研究してつくっているのが弊社の講座です。電験三種は難易度は高いけど、攻略の方法はあります。
話がそれてしまいました。ここでは電気工事士試験に比べて、電験三種はかなり難易度が高いということを理解してください。

尚、電験三種を取得したら、電気工事士の第一種、第二種とも筆記試験は免除されます。電気工事士の「電気理論」の分野は、電験三種の理論の基本にあたります。学習における共通性はあります。電験三種に合格していたら、問題ないという判断なのでしょう。

➡確認しよう!「電験三種の勉強 よくある間違い・正しい知識」

3.就職・転職を考えてみる

電気主任技術者と電気工事士の資格を転職・就職においてどのように考えたらよいのでしょうか?あまりにもたくさん「どちらを受験したらよいのか」という質問をいただきますので、一つの考え方として、このことを整理してみました。その人の年齢層によって違ってきます。

《 若年層の場合 》
電験と電気工事士両方とも取得することを考えてみてください。電気工事士は、短時間でよいから勉強さえすれば、たいていの人は合格できます。そのため一般的には、試験の2ヵ月前に集中すればよいと思います。電気工事士の受験の直前でなければ、電験の勉強をまず始めて頂き、電気工事士の試験日2ヵ月前に電気工事士の勉強に切り替えればよいと思います。
どちらの資格も、電気理論の部分は共通していますから効率がよいのです。電験三種の試験はじっくりと、電気工事士は直前に短期集中ということです。どちらも、若いうちほど早く勉強すると楽だと思います。

《 中高年層の場合 》
まず、電気工事士は、この資格で就職が本当にできそうなのかを検討してください。電気工事士は、もちろん就職先はたくさんあります。また、資格取得者もかなりたくさんいるわけです。就職の見通しが読めるようなら、取得容易な資格なので、すぐに取りかかりましょう。特にビルの管理会社に就業されている方で資格手当が出るのであれば、すぐに取りかかるとよいですよ。
一方電験三種については、日本全体で慢性的な人員不足です。就職ビジネス会社の人からは、「最近は、経験がなくてもよいから、とにかく資格取得者がほしいというお話しをいろいろな企業から相談を受けます。」という話を聞きます。電気主任技術者の仕事は、体力的に考えると中高年でも可能と考えます。取得して実務経験を積めば定年後も職につけますよ。思い立ったら、吉日です。早く資格取得に向けて勉強をはじめるとよいでしょう。

➡悩みを解決!「翔泳社アカデミーの総合電験三種講座のポイント」