電気主任技術者の年収

電気主任技術者の年収を知りたい!

就職・転職を目的に電験三種(第三種電気主任技術者)の資格取得を目指すという人はたくさんいます。
ところで、電験三種を持っている人は実際にどのくらいの収入があるのでしょうか?やはり気になりますよね。そして、資格手当はどのくらいが相場なのでしょうか?

1.電気主任技術者の年収
2.経験をつけて年収アップを!
3.電験の資格手当について

1.電気主任技術者の年収

日本の平均年収は、国税庁の資料によると420万円位です。平成25年度以降、いろいろな話はありますが、平均年収は伸びています。但し、これは就業されている人の本当の平均なので、18~20歳もいれば、60歳もいるわけです。また、雇用形態の正規・非正規によって、男女によって違ってくるわけです。
テーマである電気主任技術者の年収は、400万円~550万円位ではないかと思われます。かなり幅がありますね。また、この金額よりも下もあるし、上もあって、「私は、600万円位はもらっています。」という人も聞いています。日本の平均年収が420万円位だということなので、電気主任技術者の年収は、平均かそれよりはよいのかもしれませんね。

電気主任技術者の収入の差について少しお話しをしますが、いろいろなケースがありますので、どうかほんの参考程度に聞いてください。
年収が低い方の話を聞くと、基本給そのものが低い、資格や手当で加算されている、基本給が低いので賞与も低いということでしょうか。また、ある人の話をよく聞いてみると、待遇が正社員ではなくて “契約社員” であったりする場合もあります。ここで試算をしてみましょう。Aさんは、月額固定32万円の給与だとします。まあまあの給与と思いますが、契約社員なので賞与がありませんから、年収384万円なのです。ところがBさんは、賞与があるので、月額固定25万円+手当3万円で年間336万円、賞与夏冬3.8ヶ月で 合計すると年収431万円ということになってしまうのです。

高い方の話ですと、基本給そのものが高いということです。賞与は出て、資格手当については多い、少ないは会社によって様々です。
製造業等の企業では、比較的高いのではないでしょうか。工場・プラントで自社で直接電気管理を業務にしているところは、わりあい高いのですね。またファシリティ会社ですと、比較的系列系は高めのようです。(必ずしではありませんよ)
また、電験三種(第三種電気主任技術者)としての実務経験がない間はそこそこですが、経験を積むと固定給が格段にアップする会社もあるということです。

➡ HOMEに戻る

2.経験をつけて年収アップを!

転職サイトのある会社の募集要項をよく見てみると、「○○管理、○○マネージメント業務の経験者で第三種電気主任技術者有資格者」なんてあります。「会社で必要なスキル+電験有資格者」の場合と、「電験を使った業務の経験者」の場合の2種類があります。前者ですと電験は資格だけでもよくて、後者は電験の実務経験者となります。この会社は年収500万円以上のケースです。

電験三種を取得したら、実務経験をしっかりと積みましょう。また、他にも仕事上いろいろな経験を積み、他の資格も取得しましょう。転職されるにしても、最初は電気主任技術者の実務経験がなくても気にしないでください。仕事を続けていれば実務経験は身につきます。

➡ HOMEに戻る

3.電験の資格手当について

電験三種(第三種電気主任技術者)の資格を取得した場合の資格手当は、一般には月額 10,000 円位のようです。しかし、これも会社では差があって、5,000円~8,000円位のところもあります。また、資格手当については、毎月手当としてくれる会社、取得時に報奨金をくれるけど、毎月の資格手当は低いところもあります。

学費や受験料は会社で出してくれるところと、出してくれないところもあります。中には、「会社で支援してくれないし、電験の教材は高いからもっと安くてすむ資格を考えるよ」という人もいます。会社で出してもらえなくても、自分のために自腹で出して勉強することをおすすめします。
下記の表は、弊社の受講生が併用して取得していることが多い資格の資格手当の一覧です。本当に一部の聞き込みですので、ほんの参考程度にしてください。

■ 資格手当の例
乙種危険物取扱者1,0002級管工事施工管理士4,000
乙種消防設備士1,0002級建築施工管理士4,000
アナログ第二種工事担任者1,0002級電気工事施工管理士4,000
デジタル第二種工事担任者1,000第二種冷凍機械責任者4,000
ボイラー整備士1,000建築物環境衛生管理技術者5,000
無線技術士1,000第一種電気工事士5,000
無線通信士1,0001級管工事施工管理士8,000
2級ボイラー技士2,0001級建築施工管理士8,000
アナログ第一種工事担任者2,0001級電気工事施工管理士8,000
デジタル第一種工事担任者2,000エネルギー管理士 (電気)8,000
甲種危険物取扱者2,000エネルギー管理士 (熱)8,000
甲種消防設備士2,000第一種冷凍機械責任者8,000
第三種冷凍機械責任者2,000特級ボイラー技士8,000
第二種消防設備点検資格者2,0002級建築士10,000
第二種電気工事士2,000第三種電気主任技術者10,000
特殊無線技士2,000第二種電気主任技術者15,000
第一種消防設備点検資格者3,0001級建築士20,000
1級ボイラー技士4,000第一種電気主任技術者20,000
ここまで読んで下さった皆さまは、「電験三種を独学で勉強していたけどなかなか合格しない」や「初めて電気の学習をするから、勉強が続けられるか不安」という方は多いのではないでしょうか?そんな皆さまに、翔泳社アカデミー専任講師の松川先生が

・電験三種が難しい理由とそれを克服する勉強方法
・効率的に学習するにはどうすればよいのか
・正しい過去問題集の活用方法

など電験三種に合格するための勉強方法について、5本の動画で解説しております。
資料請求をして頂いた方に、もれなくこちらの動画をプレゼントいたします。
ぜひ、これからのお勉強にお役立てください。


今すぐ資料請求

➡ HOMEに戻る
▶TOP