【電験3種の試験】平成25年度 出題傾向

平成25年度の試験について、科目別のポイントをまとめました。

■ 平成25年度 科目別出題傾向

[ 理論 ]

A問題は、「コンデンサ」「クーロン力」「磁界」「電磁力」「過渡現象」「計器」に関する問題が各1問、「電子関係」が2問、「直流回路」「交流回路」が各3問、そのうち文章問題が6問、計算問題が8問といった出題内容でした。

ただし、文章問題といっても、公式を理解していて解ける問題(問1・問3)、グラフを読み取る問題(問12)も含まれますので、単にテキストを暗記しておけばよいという問題は少ないです。

計算問題では、文字式と数値計算が各4問ずつでした。基礎問題が比較的多く、また一見難しそうでも、基本的なことを理解していると解ける問題がいくつかありました。
問2は、力の方向を考えると、QBに働く力が0であれば、QA=QCになる。
問7は、容量リアクタンスと周波数は反比例する。
問8は、短絡部分と抵抗が並列にあれば、抵抗の方には電流は流れない。などです。

B問題は、問15の「三相交流」に関する問題はほぼ毎年出題されています。Y-Δ変換、交流回路の複素数の計算を理解していれば解ける問題です。
問16は、オシロスコープのグラフからの問題ですが、交流の正弦波及び、sinθとcosθの関係についての基本的な問題でした。
問17は電界の強さの公式を理解できているかの問題。
問18は非安定マルチバイブレータについての問題ですが、この種の問題はこの分野が得意な人が選択すればよいでしょう。

※「理論」は、計算問題の配点の割合が高いので、数学ができることが前提となります。
そして、各分野の基本を理解していると、一見難しそうな問題でも、時間がかからずに解けるようになります。

[ 電力 ]

A問題は、文章問題が11問(「空白組み合わせ語句の選択」4問、「五択の誤り選択」7問)、計算問題が3問と、ほぼ例年通りの出題形式でした。出題内容は、「発電・変電・送配電・電気材料」の各分野から幅広く出題されています。問9以外は過去に出題された類似問題です。

問9は支線の問題で、法規では出題されていますが、電力としては初めてです。題意の条件から、支線柱が受ける水平張力Tが同じことがわかれば、追支線にかかる張力は1回線の引留柱の支線にかかる張力を求めるのと同じで簡単に解ける問題でした。

B問題は、すべて計算問題で、問15(a)の発電端熱効率、燃料消費率、発電電力量からの問題は、過去5年で4回と出題頻度が高く、1時間当たりの発電電力量を求める基礎的な問題でした。(b)の復水器の問題は、類似の計算を行う問題が平成18,14年に出題されています。

問16(a)は、必要なコンデンサ容量を求める基礎的な問題ですが、(b)は、無負荷時の電圧降下を電圧変動率内に収めるためのコンデンサ容量を求めるといった目新しい問題で、算出過程で時間を要したと思われます。
問17(a)は、基準容量に換算した%値から合成%値を求める問題、(b)は、三相短絡電流を求める問題で、どちらも基礎問題でした。

※「電力」は、発電、送配電などの各分野から幅広く文章題、計算問題で出題されますので、広く浅く学習しておくのがよいです。ただし、汽力発電所の熱効率、送配電線路の電圧降下、電力損失など出題頻度の高いところはしっかりと理解しておいてください。

[ 機械 ]

A問題は、電気機械の分野からの出題が8問(「直流機」「誘導機」「同期機」についての文章問題と計算問題が各1問ずつ、「直流機と誘導機の組み合わせ」「変圧器」の文章問題が各1問)で、それ以外の分野からは、「パワーエレクトロニクス」「電動機応用」「照明」「電気化学」から各1問、「自動制御」から2問といった出題内容でした。

例年通り電気機械からの出題が過半数を占めており、問7は新しい出題形式で戸惑われたかもしれませんが、その他は、文章、計算問題とも基本的な内容が多かったです。
日頃から、考える勉強をしておればできる問題が多かったと思われます。

電気機械以外の問題では、「自動制御」から、フィードバック制御及び論理回路に関する問題がありましたが、いずれも順序立てて考えれば解ける比較的簡単な問題でした。
「照明」からはLEDについての出題がありました。時代を反映して白熱電球より、この種の問題が増えていくと思われます。

B問題は、問15は電気機械の「単相変圧器」からの計算問題ですが、無負荷試験及び短絡試験で何が求められるのかを理解していれば解ける問題です。
問17は「電熱」から、(a)は伝導伝熱についての公式の理解が、(b)は、放射伝熱についての知識が必要ですが、さほど難しくない問題でした。
問16は「パワーエレクトロニクス」、問18は「自動制御」(論理関数)からの出題ですが、これらの分野についての学習経験を積んでいないと難しいでしょう。

※「機械」は出題の多い電気機械の分野を中心に学習しておく必要があり、その基本は理論科目になります。それ以外の分野は、個々に学習できるところですので、得意な分野をより集中して学習し、苦手な分野まであまり手を広げすぎないのがよいでしょう。

[ 法規 ]

A問題は、「法令」2問、「電気設備技術基準」1問、「電技解釈」6問、「高圧受電設備」1問と、「電技解釈」の問題が中心でした。出題内容は問9の解釈第218条(IEC 60364規格の適用)以外は過去に出題された類似問題です。

電技解釈は条文が多いので全部を暗記することは困難ですが、電験3種で取り上げられる条文は、テキスト、参考書に大方は書かれていますので、それを目安にするとよいでしょう。

また、昨年から「適切」「不適切」を問う出題形式は、今年も問1の電気事業法(主任技術者)であり、「空白」「五択」より正確な知識が求められます。

B問題は、問11の高圧進相コンデンサの劣化診断での計算問題は初めての出題です。
(a)はコンデンサの定格電流を求め、題意の比率から測定電流を算出する問題、(b)は各相間の合成静電容量を求めて、選択肢から選択する問題で、コンデンサの簡単な計算です。

問12は平成20年に類似問題が出題されていますが、計算には少々時間を要したでしょう。問13のB種接地抵抗値は過去10年間に4回、機器地絡時のD種接地抵抗値は2回と出題頻度の高い問題でした。

※「法規」は、多くの条文を暗記するのは困難ですので、テキストをもとにポイントを絞って覚えていくのがよいです。計算問題でできるだけ得点できることが重要になりますので、理論、電力を学習したうえで過去問で出題パターンを押さえておきましょう。

閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事