サンプルテキスト+DVD 特製ファイル付 無料 資料請求

FAQ よくあるご質問

電験三種の学習について

必ずしも電気工事士から学習する必要はありません。
電気工事士の資格が必要な方は、電験三種と同時にお勉強される方もいらっしゃいます。
3年で4科目合格すればよい試験(科目別合格制度)ですが、3年計画はあまりお勧めしておりません。長い年月、モチベーションを保つことが難しいからです。やはり1年目で全科目合格を目標に努力することが大切です。もし、1~2科目落としたら翌年すべて合格を目指しましょう。また、勉強の開始が7月頃からなら、最初の年は1科目でも取って、翌年に残りの全科目合格を目指すことをお勧めしております。
過去問題集から勉強はおすすめしておりません。それは、「最初の段階で過去問題集を使った勉強はしない方がよい」という意味です。電験三種の試験では、まったく同じ問題は出ません。出題されているパターンを覚えても、問題で問われている基本の知識がわからないと解けないのです。パターン丸暗記型はムダです。最初は、確実に基本から学習すること、そして自ら手を動かして演習をすることが近道です。そして過去問題集を使った学習をしてください。電験三種は、基礎の積み重ね学習が欠かせない試験です。
電験三種は、過去問とまったく同じ問題が出題されることはないので、自分の力で基本知識を使いこなして問題を解かなければいけません。しかし、試験問題との難易度に大きな差があるので、テキストを読むだけ、講義を聞いただけでわかったように思っても、問題は解けるようにはなりません。翔泳社アカデミーの講座は、基礎の学習が終わったら自分の理解度をはかる確認問題 → 実践問題 → 応用問題、と段階を追って演習することができますので、自力で問題を解く力が確実に身についていきます。
(詳しくはお問合せください。TEL.0120-37-8259
無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く) 無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く)