無料 資料請求 無料 資料請求
FAQ

よくあるご質問

電験三種の資格活用について

電験三種を取れば、確実に転職が出来ますか?

電験三種の資格自体は、就職を保証するものではありませんが、資格も持っている方が有利であることは確かです。多様な業務を担える電験三種資格者は、景気に関わらず企業に人気が高いのです。

就職・転職・定年退職後に電験三種は活かせますか?

法令であらゆる施設・建物は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならない、となっています。電力・ガスの自由化、ビルや施設などの大型化により電気主任技術者のニーズは高まる一方ですが、この職種については慢性的な人材不足に陥っています。将来の転職を考える人にとって電験三種は頼りになる資格です。定年後のためにお考えの人は、早く資格取得をして、実務経験を積むとよいですよ。

電験三種を取っても、実務経験がないと転職はむずかしいですか?

電気主任技術者の求人はたくさんあります。募集要項には「経験者」と載っていることが多いです。しかし、これは必須でない場合が多いようです。会社の立場では「経験者」の方がありがたいという希望もあります。実際に翔泳社アカデミーで合格して転職した方々からも「未経験だけど転職できた」という話をたくさん聞きます。中には、面接の途中で「試験合格を連絡したらすぐに採用通知が出た」という方もおられました。

電験三種を取っても、求人があまりないようですが?

多くの企業様が募集を行っています。 インターネットで検索をしたり、求人募集サイトへ登録したりすると、たくさんの求人に出会うことができます。