無料 資料請求 無料 資料請求
RECIPE

さくっと合格レシピ

2018.11.22
機械

ヒートポンプの原理とは?

ヒートポンプは冷房や暖房、給湯器、冷蔵庫など、私たちの生活の身近なところで活用されています。
ここでヒートポンプの基礎の部分を固めて、電験三種の勉強をスムーズに進めましょう!

ヒートポンプの基礎
ヒートポンプの原理
まとめ

 

ヒートポンプの基礎

まずは参考書にはあまり書いていない基礎から説明していきます。

皆さん、お湯の温度を下げるときはどうしますか?
そのまま放置しておく、氷を入れるなどされると思います。
このとき、お湯が持っていた熱はどこへ行ってしまったでしょうか?
そのまま放置しておいた場合は空気中へ、氷を入れた場合は氷が熱を吸収したということになります。

このように、温度を下げたい場合は、何かに熱を吸収してもらえば良いのです。

 

ヒートポンプの原理

ではいよいよ本題に入っていきます。
ヒートポンプの原理を、冷蔵庫を例にして考えていきましょう。

冷蔵庫は、庫内の熱をガスが吸収することにより温度を下げています。

圧縮機(コンプレッサー)が庫内からのガスを圧縮して高温高圧の気体にし、凝縮器で熱を発散させます。
冷蔵庫は壁から少し離して設置してありますよね。これは冷蔵庫の側面から熱が出てくるからです。
そして減圧した液体ガスは庫内の蒸発器に送られ、庫内の熱を吸収して冷やしています。

このようなガスは凝縮器で熱を発散し、蒸発器で熱を吸収するというのを繰り返しています。

 

まとめ

このように、冷やすときは熱を吸収することで温度を下げています。それと同時に熱を外に発散しています。
反対に、暖房のように部屋を暖める場合は、熱を発散することにより部屋の温度を上げています。同時に外の熱を吸収しています。

ヒートポンプに関する試験問題は、身近にある給湯器や空調機についての問題が多いです。
基礎を抑えておけば、試験問題を解きながら、より理解を深めていけますよ。

 

☆゚+. 電験三種お勉強お役立ち情報 ゚+.☆
ただ分かりやすく講義するだけじゃない!
電験三種に合格するためのノウハウが満載!

翔泳社アカデミーが選ばれる4つの理由 >