さくっと合格レシピ
ブログアーカイブ

問題文の読み方のコツ

電験三種の試験は、同じことであっても問題によって表現が異なっていたり、簡単なことを難しそうに書いてあったりと、読解力も試される試験です。 問題文をなんとなく読むだけでは、 「一体この問題は何を言っているのか分からない…」

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:基礎知識

立体角とは?

立体角はあまりなじみがありませんが、電験三種では機械の照明の分野のみで使われます。 立体角とは、立体的なひろがりを表した量です。 よく使う60°などの角度と似た考え方をしますが、角度は2次元の広がりを表した量、立体角は3

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:機械

開放と短絡とは?

電験三種の勉強をしていると、「開放」や「短絡」という言葉がよく出てきます。 当たり前のように使用されていますが、電気の勉強を始めてする方はよくわからないですよね。 ここでは開放と短絡はどういうことなのか説明します。 違い

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:理論

プラスの角度とマイナスの角度

電験三種の勉強を進めていくと、30°やというプラスの角度だけではなく、-30°やというマイナスの角度も出てきます。 初めての方は「マイナスの角度ってどういうこと?」と思われるかもしれませんが、理解してしまうとものすごく単

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:数学

法令で用いられる用語の意味

電験三種の法規でよく出題される「電気設備に関する技術基準を定める省令(電技)」や「電気設備技術基準の解釈(電技解釈)」には、様々な用語の定義が書かれています。 これらの用語は、法規だけではなく、電力や機械を学習する中でも

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:法規

効率の基本

電験三種では効率を求める問題がよく出題されます。 火力発電の分野では、様々な効率を求める公式があり、「覚えるのが大変…」と感じていらっしゃる方も多いと思います。 ここで一度「効率」って何なのかを考えてみましょう。 覚える

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:電力

電気回路のきほん「電流」とは?

「電流って何ですか?」 この質問の答えは何でしょう? 電験三種を勉強されている方の中には、電流が何なのかということをあまり深く考えずにお勉強をされている方もいらっしゃるのではないかと思います。 電気回路はよく水の流れに例

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:理論

ヒートポンプの原理とは?

ヒートポンプは冷房や暖房、給湯器、冷蔵庫など、私たちの生活の身近なところで活用されています。 ここでヒートポンプの基礎の部分を固めて、電験三種の勉強をスムーズに進めましょう! 1.ヒートポンプの基礎 2.ヒートポンプの原

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:機械

電気回路のきほん「電源(電池)」とは?

電気回路はよく水の流れと重ねて説明されることがよくあります。 水が電流と同じように考えられるというのは、ご存じの方も多いかと思います。 では電源はどうでしょうか? 正解はポンプです。 よくある間違いは泉や水道の蛇口のよう

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:理論

割合の基本

電験三種の学習を進めていく中で、割合の考え方を使用するところがたくさんあります。 まず割合の基本をしっかり押さえて、電験三種の内容の理解がスムーズにできるようにしておきましょう。 割合とは、「基準とする量」に対し、「比べ

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:数学