さくっと合格レシピ

水力発電の基本

水力発電の基本について

水力発電は、水の持つ「位置エネルギー」をまず「機械エネルギー」に変換し、発電機を回して、「電力エネルギー」に変換します。

1.水のもつエネルギーとは

水のもつエネルギーは3つあります。

\displaystyle m\displaystyle \rm kg〕:水の質量
\displaystyle g\displaystyle \rm m/s^2〕:重力加速度
\displaystyle v_b\displaystyle \rm m/s〕 :b点における流速
\displaystyle p_b\displaystyle \rm Pa〕:b点における圧力
\displaystyle \rho\displaystyle \rm kg/m^3〕:水の密度

a.位置エネルギー(位置水頭)\displaystyle mgh_b〔J〕

b.運動エネルギー(運動水頭)\displaystyle \frac{1}{2}{mv_b}^2〔J〕

c.圧力エネルギー(圧力水頭)\displaystyle m\frac{p_b}{\rho}〔J〕

2.ベルヌーイの定理

水管を流れる水のエネルギーの総和は、最初にもっている位置エネルギーと等しくなります。このエネルギーの総和は高さや流速が変化しても一定となります。
これをベルヌーイの定理といいます。

\displaystyle mgh_b = mgh_b + \frac{1}{2}{mv_b}^2 + m\frac{p_b}{\rho}

式を簡単にすると(両辺を\displaystyle mgで割る)

\displaystyle h_a = h_b + \frac{1}{2g}{v_b}^2 + \frac{p_b}{\rho g}

となります。

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:電力