さくっと合格レシピ

発電機と電動機の端子電圧の違い

1. 発電機の端子電圧

発電機の簡単な仕組みは図1のようになります。

05-1k

発電機は、機械的なエネルギー(動力エネルギー)を電力エネルギーに変換する装置です。
水車やタービンなどから動力エネルギー(回転力)を受け取り、発電機の軸が回転することで電力エネルギーを作ります。
電気内部で作られた電力エネルギーは「端子」を通して、電気機器などの負荷に供給されます。そのため、発電機の端子は「出口」に相当します。

2. 電動機の端子電圧

電動機の簡単な仕組みは図2のようになります。

05-2k

電動機は、電力エネルギーを回転力などの機械的エネルギーに変換する装置です。
電源から電力エネルギーを受け取り、電動機の軸を回転させる力に変換して、歯車などの負荷を動かします。
電源からの電力エネルギーは「端子」から電動機に供給され、電動機内部で機械的エネルギーに変換されるため、電動機の端子は「入口」に相当します。

タグ:
カテゴリー: 合格レシピ:機械
閉じる
翔泳社アカデミーの特長
試験ガイド
効率よい勉強
電験三種の仕事