黒部川第四発電所

黒部川第四発電所

黒部川第四発電所

所在地:富山県中新川郡立山町芦峅寺
発電方式:ダム水路式
出力:335,000〔kW〕

その建設は世紀の大事業として語り継がれ、中でも破砕帯との格闘は石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」に描かれた事でも有名です。
昭和31年から始まったダム建設には当時の金額で513億円の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、実に7年の歳月を経て完成しました。

今では立山黒部アルペンルートの長野側起点として、観光名所としてよく知られていますが、大迫力の放水や、巨大建造物としての存在感以外にも、黒部ダムには知れば知るほど興味津々のエピソードや歴史がいっぱいです。

写真提供:関西電力 株式会社

山の発電所▶

電験的風景TOP▶