USEFUL CONTENTS 勉強お役立ちコンテンツ

サンプルテキスト+DVD 特製ファイル付 無料 資料請求
2019.08.12
試験テクニック

電験二種・電験一種とは

「電験三種では役に立たないのでは」と心配される方がいます。
そのようなことはありません。 事業用電気工作物のうち、最も施設数が多いのは、電験三種で監督できる電圧50,000ボルト未満の施設です。街中にある電線は、電圧6,600ボルトなので、たいていの場合問題ないはずです。
また、「私は電験二種から取ろうと思いますが……」という方も時々います。電験二種はここ数年合格者が300~500名位、また電験一種については、合格者が100名以下しかいない超難関資格です。まずは、電験三種に合格するようにお薦めします。
ここでは、電験二種、電験一種の解説と併せて取得されることの多い資格についてご紹介します。

目次
電験三種と何が違うのか?
電験二種・電験一種の試験内容について
電気主任技術者と併せて取得したい人気資格とは?

 

電験三種と何が違うのか?

第三種電気主任技術者(電験三種)では、電圧50,000ボルト未満の電気工作物(出力5,000キロワット以上の発電所を除く)の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます。
一方、第二種電気主任技術者(電験二種)は電圧170,000ボルト未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます。そして、第一種電気主任技術者(電験一種)については、すべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督を行うことができます。

簡単に言えば、電験二種以上となると、発電所、変電所、大規模工場、大規模施設で必要となるわけです。難易度もかなり高いのですが、いきなり取得しても実践では役に立ちません。電験三種を取得して実際に経験をつけながら、必要に応じて取得することで十分です。

 

電験二種・電験一種の試験内容について

電験二種・一種いずれも、試験は年1回となります。 ただし、一次・二次試験制です。
毎年、申込み期間が5月下旬から6月上旬、一次試験は9月上旬、二次試験が11月中~下旬となります。
どちらも、一次試験は、マークシートによる五肢選択方式ですが、二次試験は、記述方式となります。試験で使用できる電卓の種類は三種と同様です。

第二種・一種電気主任技術者試験 一次試験科目

試験科目 4科目(理論、電力、機械、法規)
試験方式 多肢選択のマークシート形式

第二種・一種電気主任技術者試験 二次試験科目

試験科目 2科目(電力・管理、機械・制御)
試験方式 記述方式

科目別合格制度(科目合格留保制度)について

[一次試験] 4科目に合格すると二次試験となります。
4科目全て合格にならなくても、科目ごとに合格した場合は、電験三種同様に「科目合格」となり、翌年から2年間の試験が免除されます。
従って、3回の試験で4科目に合格すると二次試験を受験出来ることとなります。前々年度、前年度の一次試験で科目合格になった場合には、一次試験の受験申込みの際、合格科目の免除申請をして受験をします。申請をしなかった場合は、留保の権利がなくなりますので、注意してください。

[二次試験] 科目別合格制度はありません。
一次試験に合格した年度の二次試験に不合格になった場合は、翌年度の一次試験は、申請により免除されて二次試験から受験ができます。しかし、不合格となりますと、その翌年は一次試験から受験することとなります。

※手続きを間違えると合格が取り消されることがあります。詳細は必ず「受験案内」を精読してください。わからないことは、(一財)電気技術者試験センターに直接質問しましょう。

 

電気主任技術者と併せて取得したい人気資格とは?

翔泳社アカデミーの受講生について、現在取得している資格や今後取りたい資格を調べてみると次の3つの傾向がありました。
まず、電気工事士、電気工事施工管理技士、建設機械施工管理技士等の資格を併用しているグループです。これは建設・建築、工事関連の会社の仕事に従事しているものと推測できます。
次に、電気工事士、建築物環境衛生管理技術者(ビル管) 、ボイラー技士、高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械等含む)、危険物取扱者 の資格を併用しているグループです。施設・建物等の管理業務に従事しているものと思われます。

参考:みんなの資格
※資格によってはかなり受験資格の条件が制約されるものもあります。詳細内容が変更になる資格もございますので、あくまで参考程度でご覧ください。必ず詳細は直接ご確認ください。
 
 

RELATED LINKS
関連リンク
・電験三種とはどんな資格?
・電験三種の科目別勉強方法とは?
無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く) 無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く)