USEFUL CONTENTS 勉強お役立ちコンテンツ

サンプルテキスト+DVD 特製ファイル付 無料 資料請求
2016.02.05

電験3種の記号と単位「1[W](ワット)の電力とは」

電圧[V]×電流[A]=電力[W]です。
つまり、1[A]の電流が流れる導体の2点間に1[V]の電圧が生じるとき、その2点間で消費される電力が1[W]です。また、電力は、電気的仕事率(電流によって単位時間になされる仕事の量)ともいえます。
[W](ワット)は、仕事率の単位だからです。
1秒間に1[J]の仕事をしたときの仕事率が1[W]です。1[W]=1[J/s]。
100[W]の電球は、1秒間に100[J]の電気エネルギーを光や熱エネルギーに変えるという仕事をしているといえます。また、家庭には100[V]の電圧が来ていますので100[W]の電球には100[W]÷100[V]=1[A]の電流が流れています。(力率を1とする)

仕事、エネルギーを表す単位は[J](ジュール)です。
仕事は、仕事率に時間をかけたものです。1[J]=1[W]×1[s]=1[Ws]

電力量は電力と時間の積で表されます。つまり、ある経過時間に電流がする仕事の量のことを電力量といいます。単位は[Ws](ワット秒)でもよいですが、より実用的には[kWh](キロワット時)が用いられます。月々の電気代の請求も、何キロワット時[kWh]の電力量を使用(消費)したかで、算出されます。

1[kWh]=1[kW]×3600[s]=3600[kJ] ([h](1時間)=3600[s](秒)、[Ws]=[J])
1[kWh]=3600[kJ]は覚えておいたほうがよいでしょう。

無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く) 無料相談 0120-37-8259 受付時間:平日10:00~18:00(土日祝日除く)