無料 資料請求 無料 資料請求
USEFUL CONTENTS

勉強お役立ちコンテンツ

2020.06.30
勉強方法

電験三種の合格のカギは、計算問題!攻略のコツとは?

電験三種の試験問題には、大きく「計算問題」と「文章問題」があります。その中でも、電験三種の合格のカギは、「計算問題」です。

ここでは、その理由と攻略のコツをお伝えしていきます。

 

目次

  1. 計算問題が合格のカギである理由
  2. 計算問題は実は対策が立てやすい!?
  3. 電験三種の計算問題を攻略するコツ
  4. まとめ

 

計算問題が合格のカギである理由

電験三種の合格のカギが「計算問題」である理由は、試験問題における「計算問題」の出題割合にあります。まずは、下のグラフをご覧ください。

計算問題が合格のカギである理由

このグラフは、電験三種の試験問題の割合を表したものです。理論の試験問題は、約80%が計算問題で占めています。理論に合格するには、計算問題が避けては通れません。
暗記科目と思われがちな法規でも、約40%が計算問題となっています。60点分は文章問題なので、そこで満点取れば合格できると思われがちですが、満点取ることはほぼ不可能です。なぜなら、電気関係の法律は膨大にあり、その全てを覚えないと満点を取れるとは言えないからです。
このように、どの科目でも計算問題は避けては通れず、きちんと点数を取ることで暗記する量も減らすことできるのです。

 

実は計算問題の対策は立てやすい!?

数学が苦手な方は、計算問題にどのように対策を立てれば良いか分からない方も多いのではないのでしょうか。しかし、実は計算問題の対策は、文章問題よりも立てやすいのです。
先ほどもお伝えしたように、文章問題は暗記することが膨大である一方、計算問題は、どの分野の問題が出るかがはっきりしています。計算問題には、分野毎に細分化されたテーマがあり、そのテーマ毎の問題を解くことで、得点力を上げられます。
やみくもに計算問題を解くのではなく、きちんと細分化されたテーマ毎に演習を繰り返すことで、計算問題を攻略することができるのです。

実は計算問題の対策は立てやすい!?

翔泳社アカデミーでは、計算問題を細分化したテーマ毎に演習する講座を開講しています。この講座は、翔泳社アカデミーが独自に各分野を細分化し、さらに難易度順に演習していきます。詳しい講座の内容は下記をご参照ください。

 

電験三種の計算問題を攻略するコツ

ここまで、電験三種における計算問題の重要性をお伝えしてきました。それでは、計算問題を攻略するコツは何でしょうか?
計算問題を攻略するコツは、自分自身の解き方を作ることです。翔泳社アカデミーに日ごろ寄せられる悩みの中で多いのが、「過去問を繰り返し解いているけど、試験本番では解けない!」という悩みです。
これでは、自分自身で解けているとは言えません。自分自身の力で解くということは、使う公式を自分の考えで選択し、答えを導くということです。

電験三種の計算問題を攻略するコツ

つまり、なぜこの公式を使うのか、なぜこの数字を使うのかなどを自分で説明できるようにならなければなりません。よく「問題を理解するには、人に説明できるようになれ!」と言いますが、これと同じことですね!
計算問題を攻略するには、このように自分の力で問題を解くということが重要です。問題数をこなすことも重要ですが、1問にじっくり時間をかけ、自分で考える力をつけることが計算問題を攻略するコツと言えるでしょう。

 

まとめ

電験三種における計算問題の重要性についてお伝えしてきました。電験三種に合格するには、計算問題を攻略することが必須です。計算問題は難しいように思いますが、正しく演習し、対策をすることで、得点源にすることができます。
計算問題を得点源にできれば、暗記する量を減らすことにもつながり、効率よく合格を目指すことができます。翔泳社アカデミーのテーマ別過去問講座は、計算問題を効率よく演習することができ、短時間で得点力を上げることができます。計算問題を攻略し、電験三種の合格に近づきましょう!