試験前におさえておきたい4つの注意点

いよいよ3日後は、電験三種の試験当日です。

受験される皆さん、準備は整っていますか?

本日は、試験前の注意点をご紹介いたします。

 

1.当日の持ち物は、前日夕方までに

試験当日は何かと準備することが多いです。

試験前日の寝る直前に準備を始めた場合、予想以上に時間がかかって寝る時間が遅くなってしまった・・・なんてことも考えられます。

時間に余裕のあるうちに準備に取り掛かり、焦らなくていいようにしましょう。

 

当日の持ち物は、以下の通りです。

 

・受験票

・筆記用具(HBの鉛筆またはシャープペンシル、プラスチック消しゴム、30センチ以下の透明な定規は持ち込み可)

・電卓(√機能は必須、関数電卓は不可)

・時計(携帯電話は時計としての使用不可)

 

2.受験票の確認

受験票に写真は貼ってありますか?

 

3.当日の流れをイメージ

自宅から試験会場までどれくらいかかるかをしっかりと確認しておきましょう。

大学が試験会場のケースが多いかと思いますが、最寄り駅から会場(教室)まで時間がかかることもあります。

試験開始時刻30分を過ぎてしまうと受験できません。注意してくださいね。

また、試験会場によっては近くに食堂やコンビニがない場合もありますので、昼食のことも考えておきましょう。

 

4.体調管理は万全に

試験前の食事や睡眠は、当日の体調や集中力にかなり影響します。

食事は、揚げ物などを控え、消化の良いものをとりましょう。

睡眠ですが、人間の体内時計はとても精確なため、前日だけ早く寝ても緊張と重なって寝付きにくくなるそうです。

できれば今日からでも試験前日と同じ時間に寝るように習慣化し、睡眠導入を楽にしておきたいところです。

 

以上、4点をご紹介させていただきました。

皆さんが当日全力で試験に臨めるよう、そして、勉強の成果を存分に発揮できるよう、お祈りしております。

 

カテゴリー: トピックス